1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

痛いニキビに!極みの青汁で肌トラブルを解消!

健康のために青汁を飲んでいる方もいますが女性の中には美容のために青汁を飲んでいる方もいます。

確かに「野菜不足=肌荒れ」というイメージがありますよね。そこで今回は痛いニキビに!極みの青汁で肌トラブルを解消!というテーマでご紹介していきたいと思います。

■なぜ肌トラブルが起きる?

まずはなぜニキビなどの肌トラブルが起きることから学んでいきましょう。原因は毛穴のつまりによるものやストレス、ホルモンの分泌量などに関係があります。

また肌トラブルが起きてるときには活性酸素が体内にたまっているのです。その活性酸素を除去するためには抗酸化作用をもつ何かを取り入れてあげなければなりません。

●抗酸化作用を持つものって?

「なんだか抗酸化作用って耳にしたことがある…。」と思っている方もいるでしょう。抗酸化作用は食物などにも含まれています。

例えばビタミンですとビタミンA、C、E。また、ワインなどに含まれるポリフェノールも抗酸化作用を持っているのです。

■極みの青汁は肌トラブル解消にもってこい!

0be2e17d03c803782a8d6a346a34450f_s

極みの青汁に含まれているビタミンは抗酸化作用をもつこの3つが含まれています。また、鉄分も含んでいるのですがビタミンCは鉄分と一緒に摂取するとより効率的に吸収してくれる働きがあるのです。

●ケルセチンが大活躍!

「ケルセチンって何?」「ケルセチンって初めて聞く」という方も多いと思いますがこれは実はポリフェノールの一種でもあります。ポリフェノールには様々な種類があるのはみなさんご存知でしょうか?

  1. 赤ワイン→アントシアニン
  2. 烏龍茶→ウーロン茶ポリフェノール
  3. 緑茶→カテキン
  4. 野菜類→ケルセチン

ここでは野菜類に含まれるポリフェノールのケルセチンのお話しをしましょう。実はケルセチンはそのままでは吸収されにくいのです。

しかし、極みの青汁に含まれるケルセチンはそんな吸収力を解消すべくサントリーは豆科の植物エンジュから取れたケルセチンをさらに糖と組み合わせることで水溶性を向上させ体内への吸収率が通常のケルセチンよりも120倍になるということを見つけました。

そして生まれたのが、ケルセチンプラス。

ケルセチンだけでもかなりポリフェノールの力も強いですがケルセチンプラスにすることでその力をより発揮することができます。120倍ってことはかなりすごいですよね。

よく健康のために、美容のために赤ワインを飲んでいる方が多いですがそれは抗酸化作用の働きを活用しているためです。

■極みの青汁の抗酸化作用はニキビだけじゃない!

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s

抗酸化作用はニキビだけではなくシミにも働きがけをしてくれます。毛穴の黒ずみなどにも効果的です。

通常の青汁に比べてケルセチンプラスが配合されていることでこんなにも美しい肌を保つことができます。

しかし、短期的ではなく長期的に極みの青汁を飲むことで効果がみられると捉えてください。

ケルセチンプラスの力でニキビ肌を解消!

ほかの青汁には含まれないケルセチンプラスの力。女性だけではなく、男性にも肌が気になる方には嬉しい効果ですね。

ここまでポリフェノールが配合されている青汁も中々ないのでぜひ飲んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です